スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ゲット ワイルド&タフ、チャンス&ラック
最近車での移動時間が多いので眠気覚ましで色々懐かしいのを聞いている。

僕が生まれて初めて自分の小遣いで買ったレコード。
息子には、どこかに留まらなくてはとは思ってほしくない。

スポンサーサイト
[2015/06/28 23:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
昇級をかけた1局
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/28 22:58] | 未分類 | page top
わからないから挑戦できる
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/28 06:26] | 未分類 | page top
今日は大会出るしかないでしょう
今日は、かほく市、南砺市、長浜市で将棋大会です!
うちの距離感だとこの三択です。と言いながら、うちは研修会ですが。
重なる時は重なるんですよねえ。勿体無い話です。

各大会共ジュニア級があると思いますので、どしどし参加しましょう。

[2015/06/28 04:51] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
親の出来ること
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/28 04:44] | 未分類 | page top
日曜は かほく の大会ですよ
http://www3.plala.or.jp/kodomo-shougi/kodomo02.html
ジュニア級は低学年、高学年の部があるので入賞の可能性も高いですね♪
来月の石川県テーブルマーク(JT)大会前の大会デビューにもおすすめです!
[2015/06/23 06:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
強豪との対局
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/21 21:42] | 未分類 | page top
遠征の予定
マイスローガン

月に一度は
県外に行きましょう。

6/20 豊田
7/19 大阪
7/26 長浜
8/8 大阪
8/22-23 京都

まだ他に候補も有るけれど、研修会と確実に重なるところは回避するとこんなところかな。
8月以外は車中泊でいけるとみているが、如何に。


[2015/06/16 16:46] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
頑張れ、同学年(ライバル)達❗️
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/14 19:19] | 未分類 | page top
それでも僕は大会遠征へ行く
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/14 06:06] | 未分類 | page top
注文の多い?将棋大会
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/08 06:31] | 未分類 | page top
プレイヤーの気持ち
息子にたまに、大会とか道場とかドラの穴とか研修会とか今はどの将棋が楽しい?と聞きます。

「将棋が楽しいってのはないでしょ」

「じゃあ、何が良いのよ」

「うーん、一生懸命考えるというとかが良い」

「なら、今なら実力伯仲の対局がつく研修会か」

といった感じ。

同様に、将棋は勝負がつくまでどちらが勝つか負けるかわからないときが面白い。
自分が負けるときは当然、勝つと分かったときはもう面白くない。
そうな。

こういうのはプレイヤーにとっては当然の感覚なのかもしれないが、傍観者の親にはよくわからない。

ちなみに、勝てば、うれしいらしい。これはわかる。
とにかく、将棋が楽しいというのはどうもしっくりこない表現らしい。

だから、どうということはない話でした。
[2015/06/07 21:26] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ネタ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/07 07:11] | 未分類 | page top
ネタ
将棋初心者親に読んでもらいたいネタを優先しております。
結果、子供への影響があると良いなと思って。何せ一般的には将棋は早く始める方が勘というかセンスが磨かれるようで、本人が本格的に強くなりたいと言い出したりするのが中高生だったりすると、ダメじゃないけど進学等々との折り合いが…と思います。
何より、特に地方在住の小学生には県代表にでもならないと本場ではどういうレベルでやっているかというの体験できませんよね。
あ、別に強くなる必要は特にはないですが、何らかの物差しで向上を感じないと、続きにくいものらしいというのが僕の傍観者としての感想です。
例えば、クラスわけの多い大きな大会は良いですよ。
例えるなら、ロッククライミングでしょうか。自分に適したところを登ればいいのです。
上位者はとんでもなく険しいところで楽しめばいい。
というわけで、観光がてら、本部、関西、東海の連盟HPでも眺めて大会に参加してみてはいかがでしょうか?
あ、タイトルつけたとき書こうと思ったこととずいぶんずれた。。。
[2015/06/07 06:52] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
対局相手
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015/06/06 08:25] | 未分類 | page top
ハード
先日、パソコンを買い換えました。
仕事で使う時、あまりに動作が遅くなったというのが主な理由。ハードディスクはまだまだ空き容量に余裕があったのだが・・・。
で、まあいつも一つ型遅れの最低限のスペック(とはいえ、普通にネットなら充分)のものを買っていたのだが、
今回は仕事でストレスなくというので、まず自分の会社のパソコンのスペックを参考にしてみた。

結論は、CPUの差より、メモリの差。で、このメモリを上げてやれば、自ずと他のスペックも上がってくるのね。
とたぶん当然なんだろうけど、アマゾンの検索をかけつつ思ったもので。
若い時と違ってあまり冒険する気もなく国内メーカーのものをチョイス。いつもに比べれば3倍ほどの価格(いつもが安かっただけか。今回はofficeもプレインストールだし)。

で、国内メーカーによくある不要なソフトには閉口しながらも、まあさすがに快適です。
で、どこから将棋ネタになるかというと、ここから。
激指先生が元気になった!(クララが立った!くらいに)
いつもなら息子の敗局なぞ解析させて、嫌がる息子に見せるということをやっているのですが、
何せ解析に時間がかかるという。大抵は解析中に食事なんか済ませてました。
ところが、まあ3分かかりませんね。今までは1手30秒の制限かけてイライラだったけれど、今は制限時間は必要なし。

値段でいうのは何ですが、アマとソフト対局イベントで使われるパソコンなんてうちのより倍はする値段。
もちろん、officeもインストールされていませんね。(笑)
つくづく、ハード次第でパソコンの実質持ち時間なんてどうとでもなるんだなあと。
高性能パソコンでもいわゆる嵌め手は読みを打ち切るから発生する。これは時間が伸びれば回避される。
昔に比べればハードの進化は遅くなっているのだろうが、そのうち人間でわかる程度の嵌め手はなくなるかもですね。



[2015/06/06 08:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |